2016年04月11日

マーシャルアーツ・フェスティバル2016

16/03/26(土)

 パリ演武当日です。

 ちなみに場所はこちら。
 シャトレ(下図赤丸部分)から地下鉄14番線でふた駅、ベルシー(同青丸部分)の駅前にある体育館です。
 名称未設定 1のコピー_R.jpg
(『電車でパリ』より)
 
 中央の八角形が会場となるベルシー・アリーナ。Wikiによればフランス最大の屋内競技場だそうです。日本の感覚で言えば代々木第2体育館的なポジションでしょうか。すぐ右上の青い「マルM」がメトロのベルシー駅。
 すぐ右にある「Hotel ibis Styles Paris Bercy」が、事務局から用意いただいた宿です。
 航空写真2_R.jpg
(© google)

 外観はこんな感じ。
 写真 4_R.JPG
「大改装した」と聞いたのですが、見た限りは4年前と全く同じように見受けられます。

 10:00 体育館の所定のゲートに集合。
 DSCF9766_R.JPG
 IMG_9717_R.JPG

 ボディチェックを受けて……大会関係者である印のリストバンドを渡されます。
 写真 2_R.JPG
(チェックの意味あるのかなー。うちに限らず武器携行の人ばかりなのですが(笑))

 本番会場脇にあるコンクリ打ちっぱなしのこちらは、普段は資材置き場か何かでしょうか。リハ会場となっています。
 入場後、早々に呼ばれ、ディレクターと演武手順を確認。「あ〜そこカメラに背を向けちゃうから角度変えてくれます?」等、こまごまと注文を受けて調整して行きます。
 リハ_R.JPG

 あとは、合間に先生のインタビューや撮影、そして本番会場での通しリハなど挟みつつ、ひたすら待ち時間。
 IMG_0035_R.JPG 
 IMG_0058_R.JPG
 
 そして…

 本番です! 
 IMG_0105_R.JPG 
 IMG_0124_R.JPG
 IMG_0143_R.JPG
 IMG_0160_R.JPG
 IMG_0173_R.JPG

 公式サイト動画
 
(日子流の演武は13分時点から)
 
 フィナーレは深夜23:30頃。
 全団体が一同に会し、入り乱れて観衆に手を振ったり、観衆そっちのけで他団体と記念写真を撮ったりと、さすが"個"の国らしいラストです。
 フィナーレ1_R.JPG
 フィナーレ2_R.JPG
 フィナーレ_R.JPG

 遅くまでお疲れ様でした。そして大会事務局と観客の皆さんに感謝です。
 IMG_0200_R.JPG
(控え室にて、実行委員長バリッサさんと。本大会は雑誌『KARATE-BUSHIDO』の主催であり、手にしているのはその日子流掲載号)
posted by 日子流体術 at 00:28| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: